自宅でホタテと牡蠣のカンカン焼きを食す

コロナウイルスの影響でフードロスが発生しており、販売先がなくなってしまった牡蠣とホタテを購入しました。

贈答品のおせんべいなどの菓子缶とコンロがあれば自宅でもできるので挑戦してみましょう!

コンロはカセットガスがいい

ガスコンロだと自動的に火が弱くなることがあるので、一定の火力を保てるカセットガスのほうが使いやすいです。

菓子缶に牡蠣を投入

今回はクラウドファンディングサイト CAMP FIREで支援した 牡蠣3kgとホタテ15枚の詰め合わせセット。

獲れたて!という感じで新鮮です。

サイズ的にはそこまで大きくはないかな?という感じ

貝付きのホタテを食べるのは久々なのでワクワク

棚で眠っていたガスコンロを引っ張り出して開封。

菓子缶を軽く洗って、たしか100円ショップで買った網みたいなのを下に敷いてみました。網がなくても別の物で代用できると思います。

コンロの上にセット。

火を付ける前に水を適当に注いでおきます。日本酒・焼酎などを混ぜておくとよい香りがつきますよ。

牡蠣は丸い方を下にしておくと汁がこぼれにくいです。

蓋に穴を開けておくといいみたいですが面倒なので、蓋をずらしてみました。これで火をつけます。

しばらくすると内部が泡でいっぱいになっていたりするので吹きこぼれに注意します。

だんだん牡蠣が開いてきて食欲をそそります。

怪我をしないよう注意しながら、こんな感じの尖ったもので牡蠣をこじ開けます。

旬から外れているせいか身が小ぶりだ!

ホタテもおいしかった!お醤油だけで頂きました。